銀行系カードローン比較|低金利ローンがでココでわかる!

見ていると心配になってくる

マラソンをする私としては、車を走らせているとどうしても歩道の側が気になってしまいます。

 

普通であれば景色を見ると思います。ですが私の場合は歩道なのです。なぜ歩道なのかと言うと、

 

走っている人がいるかもしれないからです。マラソン大会が各地で行われるようになったためか、

 

車を走らせていると何人ものランナーを見かけます。その時の私は仕事中だったり、

 

休日のお出かけ中だったりいろいろですが、いずれにせよランナーを見かけると「走りたいな〜。」

 

とうずうずしてしまいます。しかし、うずうずしない時もあります。

 

それは、お年寄りのランナーが走っているのを見かけた時です。

 

お年寄りのランナーと言ってもいろいろです。60歳を超えていそうなのに元気にしっかりしたフォームで走っているという方もいます。

 

しかし、中にはすり足で走り、走っているのか早歩きしているのか分からない感じのお年寄りの方もいます。

 

そんなランナーを見かけるとやはり心配になってきます。家に戻れるくらいの距離を走っているのか、

 

車はもちろん自転車にも注意しているのか。危なっかしくて見ていてハラハラさせられます。

 

健康のためにしているのですから悪いことではないと思うのですが、

 

走るのであれば公園などもうちょっと安全な所で走った方が良いのではと思います。

 

便秘

低金利のカードローン

私は海外旅行が大好きなのですが、好きすぎて定期的に行かないとストレスを感じるようになってしまいました。

 

 

仕事のストレスが溜まってくるととにかく海外旅行に行きたいという欲求が増えてきてどうしても行きたくなります。

 

ですが、そう頻繁に海外に行けるほど、余裕のある収入も蓄えも無いという現実もあります。

 

 

 

そこで、いろいろ考えた結果銀行のカードローンを利用する事にしました。

 

銀行のカードローンは比較的低金利ですので、何とか返済も無理なくやっていけそうだったのですぐに申し込みました。

 

 

 

銀行のローンは審査が厳しくてひょっとしたら落とされるかもという不安はありましたが、何とか無事審査を通ったようです。

 

銀行のカードローンは銀行のATMを利用できるので世間体も悪くなくていいです。

 

 

 

おかげで、今は休みさえ取る事ができればすぐに海外に行って、ストレスを発散する事ができます。

 

帰ってきた後は、返済があると思うと仕事にも力が入りますし(笑)、良い循環で仕事と遊びがまわっていると思います。

 

 

 

当然、パッと遊んだ後は切り詰めた生活をしてしっかり返済に努めていますので、無理なくカードローンと付き合っていけています。今後も、羽目をはずしすぎずに利用していこうと思っています。

カードローンとキャッシングの違い

 

カードローンとキャッシングは金融商品として、良く聞くものだと思いますが、違いというのはいまいちよくわかりませんよね。

 

では、この二つの金融商品はどのような違いがあるのでしょうか。

 

まずカードローンというのは、一括でお金を借りてから、毎月コツコツ返していくものです。具体例を出しますと、マイカーローンやマイホームローンなんかが思い浮かびやすいと思います。

 

この上記のローンのように、決められた期日に決められた金額を返していくというものが、カードローンなのです。

 

一方、キャッシングというのは、まとまったお金を借りたら、まとまったお金で返すというものでした。

 

つまり一括返済が基本となっている金融商品なのです。

 

昔は明確な定義があったのですが、今は金融会社もこの二つに明確な区別をしておらず、ほとんど線引きなどはしていない状態になってきているため、二つとも同じような意味合いで使われてきております。

 

元々は、上記のように借りたお金をコツコツと返済していくものがカードローンで、一括返済をするものがキャッシングだったのですが、今はキャッシングも毎月分割払いを行っているものもありますから、昔のように使い分けをしているということは、ないでしょう。

カードローンの返済方法の変更はできるのか

 

カードローンを利用する時、まずはどのような返済方法があるのか確認しておきたいと思いますね。

 

カードローンを利用したときの支払方法は、口座からの引き落としが基本になります。

 

口座から引き落とししてもらう場合には、口座に必要なお金を入れておくだけでいいので、手間もなく支払いを行うことができます。

 

 

 

ただ、希望すれば口座引き落とし以外に振り込みで返済することも可能になります。

 

 

 

例えば、人によって利用している銀行が一つしかなかったり、その銀行が急になくなってしまう場合もあります。

 

このような時には、別の銀行に新たに口座を作らなければなりませんね。

 

 

 

銀行に口座を作るときには、その分時間もかかってきますので、その間引き落としが困難になってしまうのです。

 

この間に振り込みで支払いを行えるように、カードローン会社に連絡すれば、振り込みでの支払いも受け付けてもらうことができるのです。

 

 

 

ただし、銀行がなくなってしまうことはほとんどありませんし、振り込みの場合には振込手数料など無駄なお金もかかってくることとなります。

 

 

 

利便性や手数料の面を考えれば、カードローンを利用する前に信頼できる銀行の口座を作っておき、その口座から引き落としてもらうようにしておく必要があるでしょう。

カードローンと無利息キャンペーン

 

カードローンと聞くと、多額のお金を借りる場合に利用するもの、と思う人も多いですが、数万円、十数万円などの小額からでもりようできます。

 

ローンという言葉は、住宅ローンなど多額のお金での利用が一般的なので、ローンイコール悪い物と思われがちですが、一度利用するとその便利さを知ることになるので、どうしてもお金が必要な場合など使ってみてください。

 

カードローンは消費者金融や銀行など、何処にでもある場所でで利用することができるので、飲み会など緊急の出費の時に使いやすいです。

 

カードローンは金利が付き、借りた金額より大目のお金を返済する必要がありますが、期間付きの無利息キャンペーンなどを利用すれば、利息を抑える事ができます。

 

短期間で返済できるのであれば、こういった便利なキャンペーンを利用するのがオススメです。

 

しかし、期間付き無利息キャンペーンを利用する上で気をつけて欲しい事は、無利息期間内に返済できなかった場合、他のカードローンより高めの利息が付くという点です。

 

カードローンは返済日を過ぎても返済が行われなかった場合、遅延損害金という特別な利息が付き、色々と面倒な事になりますので、無利息キャンペーンを利用する人は、無利息だからといって必要以上の金銭を借りないよう、気をつけましょう。

カードローンも上手に使うと、大変助けになると思います

 

カードローンも上手に使うと、大変助けになると思います。

 

カードローンというと、自分の両親などは大変不安に思っています。

 

というのは、利用する際には容易に利用できますが、返済することまで十分に計画をしなかったために、取り立てられたのでひどい目に遭った親族がいたからです。

 

しかし、それは借りながら返さなかった親族が悪いのか、それともローン会社が悪いのかということを考えるとすぐに分かります。

 

困ったような際に貸してくれるのをありがたく思ってもっと責任を感じるべきだと思います。

 

自分も急に震災に遭って余儀なく避難生活をさせられましたが、どうしようもない状況において手持ちのお金が非常に少なかったのです。

 

これから先、避難をどこまでしないといけないのか全く分かりませんでした。

 

どのように大変でも家族全員で生きていかないといけません。

 

みんなが大変な時に、すぐにお金を貸してくれたのがカードローン会社です。

 

コンビニのATMですぐに借りられました。

 

それから数ヶ月間は、余裕を持って現実を見つめながら暮らしのベースを築くことができるようになりました。

 

少し利子は高いとは考えますが、厳しい時のことを思うとどれほど助けられたことでしょう。

 

責任を持ってしっかりと返していこうと思います。